乳児湿疹はいつから症状が出る?しっかり保湿して対処を

乳児湿疹,いつから

 

赤ちゃんの顔や体に赤い吹き出物のような症状が現れることがありますが、これを乳児湿疹と呼びます。

 

この乳児湿疹は、生まれてすぐに症状が現れる場合と、生後1ヶ月くらい経ってからのこともあります。
ですから、いつから症状が出るかということは、個人差があると考えましょう。

 

赤ちゃんに現れる乳児湿疹は、大抵は生後半年までの間に現れる症状ですから、この期間に出た症状は病院に行って医師の診察を受け、適切なケアをすれば、症状が広がることを避けられます。

 

乳児湿疹は顔だけではなく、手や足、体の全ての部位に出ますので、比較的乳児湿疹と見極めやすいです。
このため、いつからこうした症状が現れるのかを把握しておけば、不安になることはありませんから、赤ちゃんの身体の状態を常にチェックしておきましょう。

 

なお、赤ちゃんは汗をかきやすく、皮脂の分泌も盛んになっている時期ですので、できるだけこまめに汗を拭いたり、赤ちゃんの体がベタつかないように肌のケアをしてあげることも大切です。
また、ただ洗うだけではなく、洗った後にはしっかりと保湿してあげることも大切。

 

そうすることで、汗や皮脂が原因となる乳児湿疹を防ぐこともできますから、生後から6ヶ月ぐらいまでの期間は、赤ちゃんの肌状態に気を配ることが大事です。

 

乳児湿疹の保湿の仕方

乳児湿疹はアトピー性皮膚炎でない赤ちゃんも頻繁に起こる可能性があります。
赤ちゃんは肌は大人の半分しか厚みがないので、皮脂の分泌量が少なく乾燥しやすいのです。

 

肌のバリア機能も高くないので、保湿を徹底しなければなりません。
保湿をする時は水分の蒸発を防ぐことを意識します。

 

お風呂から上がった時は水分が残っているので乾燥していないように見えますが、お風呂場から出た瞬間に乾燥が始まっているのですぐに保湿します。
カサカサしている部分は重ね付けし、首や手足の細かいところも念入りに保湿してあげましょう。

 

また乾燥した空気にさらされるのを防ぐために、外出前にもケアを忘れないようにします。
赤ちゃんの肌はデリケートなので、刺激を抑えるために専用の保湿剤を使うのが良いです。

 

乳児湿疹,いつから
おすすめなのがファムズベビーです。
ファムズベビーは水とグリセリル、アロエベラが主成分で、赤ちゃんが舐めても問題ないほど安全です。
ただし、出来るだけ舐めないように注意してくださいね(笑)

 

ステロイドのような副作用もないので、長期的に使うことができます。
ムース状になっているので塗った直後からベタつきがなく、お風呂上がりにすぐに服を着させられるのも便利。

 

ファムズベビーは1本あれば150回分のスキンケアができるので、高い保湿剤を買うよりお財布に優しいですよ。