潤静〜うるしず〜は赤ちゃんのアトピーにも効果あるのか

潤静

 

『潤静-うるしず-』は、アトピーや乳幼児湿疹、敏感肌などデリケートな肌トラブルに対応した保湿美容液です。

 

徹底した低刺激にこだわっており、赤ちゃんでも安心して使えるのが特徴。

 

子どものアトピーにも効果があるのか、本音の口コミ評価をお伝えします!

 

 

潤静

潤静の特徴

「潤静〜うるしず〜」は、「超高分子ポリグルタミン酸」「3種類のセラミド」「発酵プラセンタ」「天然植物エキス」など、優れた保湿成分でスベスベのお肌をつくる美容液です。

 

お肌に悪いものを徹底的に排除した10の無添加処方で、お肌に悩む方に毎日安心して使えるよう、徹底的に安心できる成分にこだわっています。

 

赤ちゃんから大人まで、ご家族みんな使用可能です。

 

※10の無添加(石油系界面活性剤、パラベン、鉱物油、シリコン、オイル、合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、殺菌剤、旧表示成分)

 

潤静うるしずの使用感

潤静

 

二人目が生まれてすぐ、乳児湿疹がかなり酷かったので保湿剤を探していました。

 

たまたま雑誌の広告で潤静を見つけて、お医者さんに見てもらったら「良いと思うよ」との事で購入!

 

使ってみた使用感をお伝えします。

 

潤静

住建情報センターが開発している

潤静を開発しているMuKuというブランドはよく知らなかったので、調べてみたら住宅メーカーの「住建情報センター」なんですね。

 

「なんで住宅メーカーが美容液を!?」と思ったんですが、この住建情報センターはアレルギーやシックハウス症候群に悩むことなく、安心してマイホームでの生活を楽しみたい人のために「無添加住宅」を研究しているメーカーなんですね。

 

子どもの肌トラブルというと、シックハウス症候群も多いですから、その予防を研究している過程で「それなら子どものための美容液も作ろう!」という事になったんだそうです。

 

「安心・無添加」にこだわる商品への意志が感じられますね(*^_^*)

 

黄色くてとろみのあるテクスチャ

潤静

 

トロトロで、少し黄色っぽいテクスチャです。

 

美容液というか化粧水のような感じですね。

 

黄色いのは、キハダオウバクエキスを推奨使用量の上限まで配合しているから。

 

キハダの樹液は健胃、整腸薬として古くから日本の代表的な家庭薬として用いられてきましたが、スキンケア用品に配合すると抗菌作用や肌荒れ改善効果があり、清潔にお肌を守る働きがあるんだそうです。

 

 

それと、独占契約で開発された超高分子ポリグラタミン酸を化粧品業界ではじめて配合したんだとか。

 

超高分子ポリグラタミン酸とは、簡単に言うと納豆のネバネバです。

 

あのネバネバの元になっている成分が肌に膜を張って、外部に対するバリアと同時に、お肌の水分の蒸散を防いでくれるとのこと。

 

 

当然ですが、だからといってネバネバはしません(笑)

 

むしろテクスチャは伸びが良くて、少量でもかな〜〜り広い範囲に使えます。

 

赤ちゃんには全身に使ってあげたいので、少量でも伸びるのはありがたいですね。

 

潤静
このくらいの量で身体の半分はいけます!

 

ベタつかないのに保湿力が長続き!

肌になじませた後は、すぐに浸透してベタつきません。

 

サラッサラのお肌になります。

 

 

ベビーオイルやらローションだと、確かに保湿力、持続力はありますが、ベタベタして服が汚れるし、ホコリがべた〜ってつくしでどうも気に入らなかったんですが、これは本当によく出来ています。

 

そして、ベタつかないのに保湿力が本当に長続きします!!

 

サラサラになるから保湿感はあまり持続しないんじゃないかな〜なんて思いましたが、このしっとり感が長時間続くんです。
凄い!

 

 

実験によると、11時間後でも、つけたての95%のみずみずしさをキープしているんだそうです。

 

 

これなら、一回お風呂に入ったら何回も塗り直さなくてもいいので、すごく楽になりました。

 

 

肝心の湿疹の方ですが、使いはじめて1週間ほどでかなり改善されてきました!

 

見るからに痒そうで可哀想だったんですが、1ヶ月ほど使ったら大分きれいになったので一安心です。

 

潤静

 

これから乾燥する季節なので、しばらくは毎日塗ってあげようかと思っています。

 

少量ですごく伸びるし、1本150mlとたっぷり使える量なので、コスパはかなりイイと思います。

 

潤静

 

もちろん大人にも使えますし、上の子(3歳)にもお風呂上がりには塗ってあげています。

 

たまに自分にもちょっと…(笑)

 

 

定期便だとお得に買えるし、毎月注文しなくていいので、しばらくはリピートするつもりです!!

 

潤静

アトピーとアレルギーの相関関係

身体の外側にある肌のトラブルであるアトピーと、身体の内側のトラブルである食物アレルギーには、実は相関関係があると考えられています。

 

どちらにしても、主な原因は免疫の過剰反応。

 

身体の中に入った異物に対して、免疫が過剰に反応して異常が起こるのが特徴です。

 

このアトピーとアレルギーの相関関係は以前から知られていましたが、最近の研究では、肌を念入りに保湿してアトピー性皮膚炎を予防することで、食物アレルギーも予防できる可能性が示されています。

 

赤ちゃんの肌をしっかり保湿して、子どもを外敵から守ってあげましょう。